年代別のスキンケアの方法

sengan1
年齢とともに肌の新陳代謝も皮脂の分泌量も変化しますので、年代ごとのスキンケア方法をすることが大切です。20代のスキンケアヘアは、肌が丈夫なので、素肌でも十分に美しいですが、誤ったケアを続けたり、基礎的なスキンケアを怠ると後で大変になります。香料や刺激の強いメーキャップ化粧品や過度なクレンジングによる肌への負担が招く肌トラブルが多いです。クレンジングできちんとメークが落とせていないことによる肌荒れ、過度なクレンジングで皮膚を乾燥させ、傷つけることが多いです。

洗顔やクレンジングでゴシゴシとこするような摩擦は絶対に避け、泡で丁寧に落とすことが大切です。見た目のキレイだけを重視した過度なメークや誤ったクレンジングが後々の肌にダメージを与えるので、肌が元気なうちに正しいスキンケアをすることが大切です。

30代のスキンケアは少しずつ肌の衰えが表面に現われるようになってきて、生活リズムの変化にともないホルモンバランスも大きく変化する時期なので、その影響が徐々にお肌に現れてくるので、これまで気にならなかった紫外線や摩擦といった外的な刺激に対しても肌が弱くなり、肌トラブルに敏感になる年代です。

規則正しい生活とバランスのとれた栄養を摂取することは肌のためにも最も重要です。保湿やUVケア、優しく丁寧な洗顔といった基本的なことは大切にし、ビタミンCなどの抗酸化力の高い食品などを積極的に補い、体の内側からも肌を守るように心がけるスキンケアが大切です。

40代のスキンケアは、保湿力が低下し、ターンオーバーの機能も乱れがちになります。ホルモンバランスも大きく乱れがちになり、肌の衰えを実感しやすく、特に繊維芽細胞によるコラーゲンやヒアルロン酸の産生量は減り表情筋も衰え、たるみ、くすみなどが気になるようになる年代です。美しく若々しい肌を保つためにもエステサロンを利用されたり、目元や口元などの肌が薄い部分を特に重点的にケアすることで、見た目年齢は実年齢よりも若く保つことが可能だし、スキンケアをしている人としていない人の差が見た目にはっきりと現われるようになるので、スキンケアを怠らないことが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です