友人とファッション談義

友人と食事をしていた時、「オシャレとは何か」という話になりました。
無い知識をひねり出しながら1時間ほど話し合った結果、以下の結論となりました。

①自分の体形に合った服を着ていること、(オーバーサイズを着ていても他でバランスを取っていることも含む)
②パーソナルカラーに合った色を着ていること
③季節や場所に合っていること
④個性的なデザインはシンプルに、シンプルなデザインのものは個性的に着こなすことが出来ること
⑤流行を取り入れ過ぎないこと

でした。

だから何なんだ。

結局は体形が1番重要だ!

最終的には、元も子もない話になったのですが、楽しかったです。

なぜそんなオシャレ談義になったかというと、はからずとも場所が「青山3丁目」というオシャレ人間の聖地だったからです。
車を運転していてお腹が空いて降りたら、青山3丁目だったのです。

自分より500倍オシャレな人しかいませんでした。
二度とあんな格好では近づかないと誓いました。

帽子は当たり前、靴はルブタン、バックはエルメス、イヴサンローラン、でも服はファストファッションみたいな人がウジャウジャいました。
お洋服は高価だけどスニーカーみたいな方や、シンプルなワンピースだけど、すごく体に合っている服を着ている方や、雑誌の中にいる人間を目の前にした気分でした。

モデルさんよりキレイな人もたくさんいて、人生楽しそうに見えました。
そのファッションセンスのエキスだけでも吸収させて頂きたいと友人と拝んでいました。

コラーゲンは口から摂取してもすぐ美肌になれるわけではない。

コラーゲン

コラーゲンドリンクやコラーゲンボール、サプリ等で体内に入ったコラーゲンは、そのまま肌にいくわけではなくアミノ酸に分解された後身体の別の部分で使用されるからです。身体に1番必要な場所から順番に届けられるので、皮膚に届くのは最後、つまりほぼ届いておりません。なのでコラーゲンドリンクを飲んだからといってすぐ肌にハリが出るということはありません。

ですが、身体に栄養を届けるという点から見れば、決して悪いことではないです。身体にしっかりと栄養が備わっていれば、摂取したコラーゲンが皮膚に届くようになるので、栄養バランスの摂れた食事が肌にもいいというのはこういう理由もあるのです。

ですが、今すぐにでも肌にハリを与えたいという理由でコラーゲンドリンクやサプリを飲んでいるのであれば、お金の無駄になりますのでお勧めできません

例えば無添加とかいてある化粧品を良く見ると、「パラベン無添加」というように何が無添加なのか表記されています。

つまり、この場合パラベン以外の化学物質は入れていますよ、というお知らせでもあるのです。また、悪いと世間で言われる成分だけを除外し、それと同等の別の化学物質を入れている場合もあります。

化粧品は薬事法で全ての成分を表記することが義務付けられていますので、本当に気を付けたいのであれば、成分を全て確認することをお勧めします。よく分からないけど無添加と書いてあるから肌に優しいんだ、という考えは捨てましょう。